空飛ぶとんジニア

平凡なエンジニアが日々関心を持ったことや学んだこと、感じたことを吐き出すブログ。緊張すると涙がでるのが特徴です。

ママチャリしか乗ったことない人がクロスバイクに乗って驚いたこと

昨年末、大学の先輩から勧められて、ロードレーサークロスバイクに関心を持ち始めました。
少し時間がかかったのですが、やっと購入する踏ん切りがついたので、先週購入したんです。

で、昨日少し長距離?(20km)を乗って気づいたことを4つ挙げてみようと思います。なんとなく風林火山w

(漕ぎ出しの)疾きこと風の如く

ママチャリの一般的な重さは20kg
僕が購入したクロスバイクの重さは11kgということで、9kg程軽いんです。

この違いが何に効いてくるかというと 漕ぎ出し です。
事前の調査でわかっていたことなのですが、そんな大げさな〜って思っていたのですが、全く漕ぎ出しが違いました。

(加速の)徐かなること林の如く

ママチャリでスピードを出すときは、とてつもなく漕がないといけない。
一方、クロスバイクだとそれほど必死になって漕がなくても速度が上がる。
その理由は、次のまとめで。。

(侵掠)変速すること火の如く

速度が上がっていく時にカチカチッと切り替えると、同じ回転数を保ったままでグッと速度を上げることができる。
ママチャリと異なるのは、ギアの枚数。
クロスバイクのギアは、前輪の変速ギアと後輪のギアの組み合わせは18段とか27段くらいまであります。

動かざること山の如し

前輪のギアを切り替える場合は、回しながら切り替えるのではなく一度ペダルを止めてから切り替えましょう。
ギアを切り替えた際にチェーンが外れてしまって大変なことになりました。
まさしく動かざること山の如しでした。

以上、風林火山の流れに沿って、ママチャリとクロスバイクの違いをまとめてみました。
サイクリングにハマっているので、それ系の更新を多くしていけたらなと思っております。
(というかもっと更新頻度を増やします)